プレスリリース 2017.11.22

「踊るヴァイオリニスト」#RiO

ソロデビューシングル「Weekend」2018年1月31日(水)発売

楽曲制作にHOVERBOARDを迎え、2年連続オリコン年間編曲家ランキング1位ha-jが全面協力。

渋谷・秋葉原を中心に12月22日(金)よりリリースイベント開始。

2018年1月度全国放送「音楽番組」エンディングタイアップも内定

アイドルと本物の演奏が融合したアイドルユニット「アイドル♪オーケストラRY’s」のヴァイオリン担当で、モデル並みの長身とスタイルと美貌を併せ持つ「踊るヴァイオリニスト」として存在感際立つRiOが、2018年1月31日(水)ソロデビューシングル「Weekend」の発売が決定しました。

本楽曲は、制作プロデュースにJ-POP業界のヒットメーカーであるHOVERBOARDを制作チームに迎え、2009年、2010年2年連続オリコン年間編曲家ランキング1位で数々の有名アーティストのアレンジを手掛けるha-j全面協力のもと、東京芸術大学卒で自らもクラシック畑を歩んできた新進気鋭の作曲家・鈴木歌穂が作曲を担当する。そして、本楽曲は2018年1月度全国放送「音楽番組」のエンディングタイアップも決定している。(※詳細は12月22日MVと共に解禁予定。)

楽曲の大きな特徴は、ヴァイオリンインスト曲ではあるものの、実は「歌詞」があるという点。プロデュースサイドによれば、「歌詞」は公表される予定はないとのことだが、MVとヴァイオリンの旋律、ステージングで「歌詞」の世界観を表現するという。また「特典映像」として収録されるMVは、「歌詞の世界観を視覚的に表現するので、聴く人にイメージを膨らませてほしい」とRiOは語る。

RiOは、4歳からヴァイオリンを弾き始め、大学卒業後、ソロヴァイオリニストとしてクラシックコンサートやアーティストサポートとして活動。2015年7月より「アイドル♪オーケストラRY‘s」のヴァイオリン担当として精力的にライブ活動やイベント出演をこなす。また2017年9月には、喜多村英梨「arcadia†paroniria」のMVにも参加。演奏しながら、ボーカルメンバーと同様にダンスをするという「踊るヴァイオリニスト」として話題も沸騰中。

「アイドル♪オーケストラRY’s」でのステージング同様、ヴァイオリンを弾きながら踊るスタイルは、このプロジェクトのため新たに迎えたダンストレーナーとの集中トレーニングを行い、一層磨きをかけて発売日に臨む。

美人が多いといわれるヴァイオリニストの中でも、ひと際輝く存在として、2018年の音楽シーンに新たな「音姫」が舞い降りる。





≪公式≫踊るヴァイオリニストRiO♡のばよりん

踊るヴァイオリニストRiOの情報を日々発信する公式ページ。 ヴァイオリニスト、そしてアイドルと本物の演奏が融合したユニット「アイドル♪オーケストラRY's」のヴァイオリン担当としても活躍するRiO。 2018年1月31日、自身初のソロシングル発売!

0コメント

  • 1000 / 1000